"いとへんのまち"のこと

紡績・合繊・織布など、繊維にまつわる仕事を“いとへん”と呼びます。
戦後、繊維産業の目覚ましい成長により発展を遂げた浜松は、「注染 ゆかた」や「遠州綿紬」といった伝統の染め織りものが現在でも受け継がれています。
歴史ある街だからこそ見ることができる職人の技、触れられる生地、いち早く楽しめる新作の柄をもっと気軽に手に取って愛着を持って楽しんで着たり使ってもらいたい。
そんな思いでお届けする“いとへんのまち” で、浜松の伝統と新しい風を感じてみませんか?

"いとまちプロジェクト"のこと

浜松の浴衣や着物にまつわる作り手たちが集まっています! 
この浜松の地に生まれて、布とともに歩んできたメンバー。
「浜松の素敵な布を知ってほしい!」「浜松生まれの【浴衣】や【着物】を好きになって欲しい!」
そんな思いから、今回の「いとへんのまち」を開催します。

プロジェクトメンバー

白井商事・喜多屋商店・染色作家 高木法子・ファッションきもの いしばし・染め紡ぐ浜松・着物仕立て塚本・イズゴ